×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

「絶対やせる」と心に決めても、辛くなり挫折したくなる時期が必ず来ます。 自分に甘い部分が「絶対やせる」という意志を消してしまいます。これは、誰も同じです。 まずは、自分に合った痩せる方法、自分にあったダイエット方法を探し、継続し続けるための努力や工夫も考えなくてはいけません。 そして何より、「絶対に痩せたい」と強く思い続ける意志が大切になってくるのです。 痩せるために一番簡単な方法は、ストレスをなくすことかもしれません。 今の世の中では、ストレスを無くす方が難しいですよね。 「絶対にやせる」「絶対に痩せたい」。それには、食事制限・ダイエット・運動と色々な方法があります。 自分に負担のかからない適度な範囲で、継続してできそうな方法を見つけられれば、それがカロリーの消費だけでなく、ストレス解消にも役立つのです。 「絶対にやせる」と思うのと同時に、自分が何故太ってしまったのか、日頃から運動をしているか、食生活に問題がないか、そんなことも考えてみるといいでしょう。 絶対にやせるためには、このようなこと以外にも骨盤など、体の歪みが原因の場合もありますが、今の体重を減らすだけで満足する場合と、今後も維持し続けたい場合とでも、方法ややり方は違ってくるのかもしれません。 絶対にやせたいと食生活を気にするのなら、摂取カロリーを消費カロリー以下に抑え、摂取カロリーの調整をすることが必要になってきます。 人間の体は、摂取カロリーを減らしても、体はそれに適応しようとします。 毎日減り続けていた体重がその後減らなくなるのは、体がその生活に慣れ、基礎代謝が低下し、無駄なエネルギーを消費しないように「省エネ」な作りに変化するからです。 絶対にやせたいと思っても、これでは、せっかくの食事制限も体にとっては悪影響ですし、それ以上痩せることもできません。 炭水化物はそのほとんどがエネルギーに変わります。 絶対にやせたいと思っても、摂り過ぎてしまっているのが炭水化物です。 炭水化物は一度にたくさん摂取すると、血糖値が上昇し、それを下げるために大量のインスリンが分泌されます。 体内にあるブドウ糖が肝臓で中性脂肪に変化し、体にどんどん蓄積されていきます。 炭水化物を減らすだけでも、「食べていながら痩せる」ことが可能と考えられるのです。 食べて痩せる体を維持できる体質になるには、食べ物の消化吸収が低いことや基礎代謝などが関係してきますが、体のことを考えると、無理な食事制限をせず、食べてやせる方法が一番いいのです。 食べた分のカロリーを消費することが、食べてやせる一番の近道かもしれません。 「絶対やせる」ために顔痩せ運動を行うなら、まずは表情筋を鍛えることから始めます。 部分痩せは難しいと思う方が多く、ほとんどの人が「絶対に無理」だと思ってしまいます。 エステや美容整形外科などでプチ整形や脂肪吸引手術をして、顔痩せする方法もありますが、運動やエクササイズなど、高額な費用をかけなくても痩せる方法もあります。 あごの辺りに脂肪がつきにくいのは、普段、会話や食事などで、あごの周りの表情筋を使うことが多いからです。 顔だけを痩せたいと思うのなら、顔全体の表情筋を使う習慣をつけると、顔痩せが可能ということになりますよね。 顔には約30種類以上の筋肉があります。 その筋肉を動かす「ポリバケツ体操」や「あいうえお体操」などは、使われていなかった筋肉を緩めてくれ、顔に溜まってしまった余分な水分も除去することができるので、とても効果的です。 表情筋を鍛え、リンパの流れを良くすることにより、顔のシミやシワ、くすみが解消されることもあります。 「絶対やせる」と思い運動を始めても、自分1人ではすぐに挫折してしまうと言う方には、エステティックサロンでできる、美顔マッサージがお勧めです。 マッサージをすることにより、血流が良くなります。 顔についてしまった脂肪を使われやすい場所に異動させるようにマッサージするので、顔痩せになると言われています。 市販されている顔痩せマスクは、決まった時間マスクを着けているだけと自分でも簡単にできるので、絶対にやせたい方には特にお勧めです。 足や太もも・ふくらはぎなど、「脚だけを細くしたい」「足だけ痩せたい」と、下半身に集中してダイエットをする方もいるでしょう。 女性に多い「冷え性」は、下半身の血流が悪くなるのが原因です。 足痩せしたい・細くしたい方は、足の血行を良くすることから始めます。 少し低めの温度に設定したシャワーで、3分くらい足を冷やしたあと、湯船に浸かります。 冷やすことにより収縮していた血管が、今度は急激に暖められますので、血管が拡張して血行や血流が良くなるのです。 重力によって太ももやふくらはぎに溜まってしまった血液や余分な水分を、筋肉の伸縮により心臓へ戻し、血行とともに脂肪の代謝も良くすることが「絶対にやせる」ために必要となってきます。 太ももやふくらはぎが太くなる原因として、歩く時に変な癖があることや、靴が原因の場合もあります。 間違った姿勢や歩き方でウォーキングを続けていては、余計に太くなってしまいます。 足の関節を意識しながら歩いたり、つま先で後ろに蹴り上げるように歩く歩き方が効果的です。 少し高めのハイヒールを履いて歩くだけでも足の太さは変わりますので、「太ももを絶対やせたい」「足だけ痩せたい」と思う方にはいい方法でしょう。 絶対やせたい部位のNO1といえばお腹ですが、「おなか周りを細くしたい」「ウエストの部分だけ痩せたい」と思う時に注意したいのは、甘いもの・脂っこい物・アルコールの3つです。 甘いもの・脂っこい物・アルコールの3つは、一緒に食べることによってすぐに脂肪に変わってしまい、なおかつ、落ちにくい肉(脂肪)になってしまうからです。 脂っこい食事をした後にアルコールを飲む機会が多いと思いますが、おなか周りを痩せたいと思うなら、絶対に避けるようにしましょう。 おなか痩せには腹筋運動が効果的です。 引き締まったお腹を作るためには、腹直筋・腹横筋・腹斜筋の3つの筋肉を鍛えます。この3つの筋肉は、おなかの縦・横・斜めにあり、動くことによって脂肪を燃焼します。 筋力トレーニングでおなかを中心に絶対やせたいと願うのなら、クランチ・クランチツイスト・ヒップリフト・側方への蹴り上げなど、筋肉に有効的な運動があります。 クランチは腹直筋に、クランチツイストは外腹斜筋・内腹斜筋に効果がある運動です。 ヒップリフトは便秘解消にも効果的ですし、側方への蹴り上げ運動は、お尻の横の外転筋群・太ももの裏側にあるハムストリングスという筋肉にもに効果がある運動です。 お腹周りを中心に絶対やせたいと思う人の中で、おなかの贅肉が柔らかく、冷たい人や水分を多く取った翌日にお腹がよく張るという人は、むくみ太りをしているとも考えられます。 体内にあるリンパ液の流れが悪くなり、脂肪や水分などが溜まってしまうのです。 リンパマッサージをしてお腹周りのリンパ液の流れを良くし、脂肪や水分の排出をするなどして、お腹を中心に絶対やせたいという願いを実現させましょう。 絶対やせると願う人のためのダイエットとして、様々な方法がテレビやニュースなどでも取り上げられています。 「アミノ酸ダイエット」で痩せようと思うなら、ご飯・味噌汁・納豆や豆腐といった、和食を中心とした食事を摂るようにします。 必須アミノ酸をバランスよく摂ることが大切です。 「ハリウッドダイエット」という方法もあります。 1食当たりを、炭水化物4、たんぱく質3、脂肪3のカロリー比率にし、ホルモンのバランスを整え、脂肪が燃えやすく太りにくい体質にしながら、やせる方法です。 カロリー計算が必要になりますので、「絶対にやせたい」と思っても、継続することが難しいかもしれません。 「デトックスダイエット」は、体内の毒素を排出し、ダイエットと健康を手にする事ができるダイエット方法です。 体の中に溜まってしまった毒素を排出することにより、血流の流れをよくし、基礎代謝を上げるという方法により「絶対やせる」ことを実現させてくれます。 「コーヒーダイエット」は、コーヒーの中に含まれるカフェインという成分の効果を利用したダイエットで、1日に5杯前後のコーヒーを飲むだけで痩せると言われているダイエットです。 コーヒーが好きな方には有効的ですが、胃腸の弱い方にはお勧めできません。 「発芽玄米ダイエット」という、アミノ酸が豊富な発芽玄米を使ったダイエット方法もあります。 「絶対やせる」「簡単に痩せる」と言われるダイエット方法の中に、薬やサプリメントがあります。 やせるためのサプリメントとして注目されている「αリポ酸」は、体内に溜まってしまった余分な脂肪を燃焼しやすくし、さらに脂肪を燃焼しやすい体を作る手助けをしてくれる効果があります。 血液中に含まれるブドウ糖の排出を促進させ、脂肪をエネルギーに変える効率を良くするなど、体脂肪を減少させながら、リバウンドしにくい体にしてくれます。 αリポ酸は、L-カルニチンやコエンザイムQ10とともに摂取することにより、効果をさらに上げることが出来ます。 「絶対にやせる」と意気込んで、αリポ酸を過剰に摂取しても、その効果は変わりません。 1日に摂取したいαリポ酸の必要量は100mgです。 αリポ酸は、食事からも摂ることができますが、食事に置き換えると、ほうれん草は2,400袋、焼鳥のレバー串では20,233本と、1日に摂取するには不可能な量になってしまいます。 このことからも「絶対に痩せる」「ダイエットをする」と効果を期待するなら、αリポ酸の摂取には、サプリメントの手助けが必要となります。 αリポ酸ダイエットの手助けとも言われる、アミノ酸の一種「L-カルニチン」の必要量は、1日300〜1000mgです。 L-カルニチンはラム肉や赤貝などに多く含まれていますが、αリポ酸と同様、食事だけでは困難となります。 お茶はノンカロリーなことから、「絶対やせる」「痩せたい」という方に注目されていますが、1日に摂取した水分も同時に摂れ、利尿作用もあることから人気があります。 お茶ダイエットと言っても、その数は数え切れないくらいありますが、特に「絶対にやせる」「ダイエット効果がある」と言われているのは、緑茶・杜仲茶・あしたば茶・シジュウム茶・プアール茶です。 お茶には、そのものが直接ダイエットに効果があるものと、食事で摂取した脂肪や糖の吸収を抑えるものとがあり、食事と一緒に摂ることによって「太りにくい体質」にしてくれると言われています。 「絶対にやせる」ことができると言われている「ゴールデンキャンドル」というお茶は、痩せるだけでなく、便秘や冷え性、シミやくすみも解消してくれるというお茶です。 インドネシア産のダイエットと美容に効果があるお茶です。 ゴールデンキャンドルのお茶を、そのまま化粧水として肌に使うと美肌効果があり、入浴剤としてお風呂で使うと、血流が良くなって新陳代謝も高まり、冷え性にも効果的だと言われています。 「絶対にやせる」お茶は、日本茶よりも中国茶と思われがちですが、実は、緑茶にも中国茶と同様の成分が含まれています。 緑茶には、悪玉コレステロールを減らしてくれるカテキンが含まれていて、血流を正常に戻しながら体の中からきれいになり、やせることができます。 運動する前に飲むと、体内の脂肪を燃やす効果もあり、「絶対にやせたい」と思う方にはお勧めです。 インドに古くから伝わるヨガダイエットは、ダイエット効果が高く「絶対やせる」と言われています。 ヨガがダイエットに効果があると言われるのは、その呼吸法からです。 鼻で吸い鼻で吐く鼻呼吸は、通常の呼吸法よりも多くの酵素を体内に取り込むことができ、体内にリパーゼ(酵素)を多く取り入れることで、体脂肪を燃焼させます。 背筋を伸ばすことがヨガの基本なので、背筋を伸ばすことにより背筋にある筋肉が刺激され、基礎代謝を良くしながら、同時に太りにくい体を作ることが出来ます。 ヨガは「絶対やせる」ための、効果的なダイエット方法と言われているのです。 ヨガダイエットの中に「寝ヨガ」という、寝転んだままの姿勢で行うヨガがあります。 寝ヨガは、基本形の「くつろぎのポーズ」、お腹に効く「ワニの変型ポーズ」、背中に効く「コブラの変型ポーズ」・「開胸のポーズ」がありますが、どれも寝転んだままの姿勢で行います。 「絶対にやせる」と言われるヨガダイエットに、ハリウッド女優たちが始め、注目を集めた「パワーヨガダイエット」があります。 パワーヨガダイエットは、ヨガに動きを加えて筋肉を使うことから、脂肪をエネルギーとして消費するというダイエット方法ですが、短期間で痩せることができることから、世界的に人気が集まりました。 ダイエットには様々な方法がありますが、「絶対やせる」ための運動としては、筋肉量を増やして基礎代謝を上げることが、最も効果的といわれています。 やせる運動と言われる「有酸素運動」は、ジョギングやウォーキングのことを言います。 脂肪の燃焼に必要な酸素を取り入れながら、20分以上運動を続ける「有酸素運動」ですが、その両方どちらかが欠けると、痩せる効果は無くなってしまいます。 筋力トレーニングは、全身にある筋肉を増やし、基礎代謝を上げることにより「痩せる」という効果を発揮します。 筋肉を増やすことにより、消費されるカロリーも増えますので、体は引き締まり、太りにくい体へと繋がっていくのです。 「絶対やせる」と女性に人気が高い「ピラティス」は、楽な姿勢で行いますが、呼吸を基本に体の奥深くにある筋肉を意識しながら行う運動です。 ピラティスには、痩せる効果だけでなく、ストレス解消・肩こりや腰痛の解消・便秘の解消・むくみの解消のほか、姿勢が良くなることから体のバランスが良くなり、柔軟性もアップすると言われています。 ピラティスを続けると、腹横筋が鍛えられることにより骨盤周辺が安定し、肩の周りや背中の筋肉も鍛えられ、首へのストレスも軽減します。 安全で効果的とも言えるピラティスは、「絶対にやせたい」人でなくとも、一度はやってみたい運動と言えます。